大阪の会社設立手続はお任せください

司法書士の今吉 淳です

これから会社を立ち上げて事業を起こそうと考えている方、これまで個人で営んできた事業が軌道に乗り、法人化をご検討の方、
司法書士いまよし事務所の運営する「大阪会社設立登記相談室」はそんな皆様方の大きな夢を精一杯応援いたします。

会社設立にあたっては、事前に確認しておかなければいけないこと、会社設立後にしなければならないことがたくさんあります。

会社をつくるには、どんな会社をつくりたいのか、どんな事業を行いたいのかなど、メリットやデメリットを検討しながら、将来を見据えて考えなければなりません。

大阪会社設立登記相談室

このサイトでは、
あなたのこれからの事業に適した会社をつくるにあたって、わからないことや会社設立の流れ、会社設立にかかる費用、どんな専門家が必要なのか、いろんな専門家のそれぞれの役割などをわかりやすく載せていますので、
まずはこのサイトで会社設立のイメージをもっていただければと思います。

そのほか、会社設立後に必要となってくる手続や、商業登記の手続きについてもご参照いただければ幸いです。


会社をつくる前に確認


自分で会社設立する場合と司法書士に依頼した場合の費用比較

株式会社設立の場合

注)消費税は計算に入れていません

手続き内容自分で設立司法書士いまよし事務所に依頼
定款認証定款認証50,000円50,000円
定款謄本2,000円2,000円
収入印紙40,000円0円
(電子定款認証のメリット)
会社設立登記登録免許税150,000円から150,000円から
設立後の印鑑証明書(1通)450円450円
設立後の登記事項証明書(2通)1,200円960円
(オンライン申請のメリット)
司法書士手数料0円90,000円
会社設立費用合計243,650円293,410円



司法書士の手数料は90,000円ですが、電子定款認証による印紙代0円、オンライン申請による登記事項証明書代割引がありますので、実際の差額は49,760円です。

自分で会社設立をする場合は、定款を自分で作って、公証役場に何度も足を運んで定款認証を行い、さらに、法務局に何度も通って商号をチェックしたり、自分で登記申請書を作成しなければなりません。
登記申請書に不備があれば、また法務局に行って修正しなければなりません。

そのあたりの時間と手間をどのようにとらえるかがポイントです。

司法書士に依頼すれば、商号調査、定款作成から、定款認証、会社設立登記申請まで1週間程度で進めることが可能です。